26 minutes | Jan 18, 2016

第144回「激流相場の攻略法~リスク共振、選別眼を鍛える」

15日、ダウ工業株30種平均は4カ月ぶりの安値を付けました。日経平均は3カ月半ぶりに一時、1万7000円を割り込み、新発10年物国債の利回りが過去最低に低下するなど、世界の市場が共振し合いながら揺れています。中国経済の先行き不透明感や原油安、米の金利引き上げといった影響から荒い「激流相場」となり、リスクオフの動きが加速。こんな嵐の中で、なにに投資をするのがよいのでしょうか。日経ヴェリタスの石井一乗さんに解説をうかがいます。
Play
Like
Play Next
Mark
Played
Share