24 minutes | Nov 16, 2015

第135回「資源安に潜む火種~グレンコア・ショックは終わっていない」

資源価格の下落に歯止めがかかりません。ロイター・コアコモディティーCRB指数は13日、13年ぶりの安値水準に沈みました。資源安によって苦境に陥っているのが、グレンコアなどの資源企業です。各社は財務の改善に取り組んでいますが、株価は大幅に下落し、信用リスクは上昇したまま。3メガバンクの資源関連投融資の残高は約15兆円で、日本にとっても対岸の火事ではありません。この問題について、日経ヴェリタスの坂本誠太編集長に解説をうかがいます。
Play
Like
Play Next
Mark
Played
Share